レザーアイテムのオーダー方法

カフェザロフトでは常時豊富な革やパーツを在庫しています。
まずはご来店いただき、デザインから革の種類、パーツ等の仕様をご相談ください。

1. 革を選ぶ
レザーは牛のほか、豚、ヤギ、馬、エキゾチックレザー(トカゲなどの爬虫類など)があります。
用途やデザインに合わせてお選びください。

色や種類も大切ですが、重要なのは「密度」です。
ハンドバッグを作るにしても密度の違いによってくったりとした表情にもパリッとした表情にもなります。
カードケースや財布などは場合によっては密度の低い革は向かないことがあります。
密度がある革はパリッとして型くずれしにくい一方、バッグ類は重くなってしまうという欠点もあります。

革は天然素材ですので同じ種類の革であっても1枚1枚が異なります。
1枚の革でも部位によって密度や表情が異なります。
そのため、CTLではオンライン通販ではなく実店舗を構え、お客さまに革をじっくり手にとってお選びいただくことにこだわっています。

2. デザインを決める
革が決まったら次はデザインです。
例えばバッグの場合、実際に使う用途やシーン、ファッションとのコーディネイトに応じてデザインを決めていきます。
サイズのほか、ファスナーや内・外ポケット、裏地など実用性を考慮して詳細を決定します。

3. 仕上げやパーツなど細かな仕様を決める
お客さまとご相談して決めるのは革とデザインだけではありません。
ステッチの色、パーツの種類、色のほか革の仕上げについてもつめていきます。
革を革包丁で切った断面(コバといいます)を切りっぱなしにするか、コバを磨いて処理するかによっても印象が異なります。
カジュアルにするか、ドレッシーにするかコバの処理は細かな部分でありながら重要です。
また、革の毛羽立った裏側(床面といいます)の処理もそのままにするか、もしくは毛羽を抑えて磨くかを選択することができます。

4. レーザーによる焼印
カフェザロフトではコンピューターで制御するレーザーの機器を導入しています。
これにより精度の高い焼印をすることができます。
ロゴのほか、マーク、お名前、ペットなどのシルエットを革に焼き入れます。

5. 発注
以上をご相談しながら決めて最終的な発注となります。
その際、お見積もご提示いたします。
全てが手作りであるため、納期に数週間のお時間をいただく場合があります。

6. お引き渡し
革の種類からデザインに至るまであなただけのオリジナルの革製品をお渡しいたします。


【これまでにお作りしたもの】

ハンドバッグ、トートバッグ、クラッチバッグ、リュック、ボストンバッグ、ポーチ、紳士用ドレスベルト、カジュアルベルト、サッシュベルト、時計ベルト、財布、小銭入れ、ワンちゃん・ネコちゃん首輪、カードケース、パスケース、キーケース・キーリング、小銭入れ、メガネケース、スマホケース、名刺入れ、手帳カバー、アクセサリー、インテリアグッズほか